短納期でお応えする金属超精密加工(レーザー・ワイヤー加工)、樹脂部品、造形モデル(3Dプリンター加工)、試作品製作 SATELLYT サテリット

技術ライブラリ

様々な業種で利用される3Dプリンター試作サービス

3Dプリンターは、迅速かつ正確に3次元のオブジェクトを造形する最新技術です。大きなものから小さなもの、また複雑で繊細なものまで具現化することができるため、現在、その技術は試作品作成サービスとして多くの企業に利用されています。
具体的には、自動車メーカーの部品部分、大学の研究機関や医療機器メーカーの器具・素材の試作品作成、その他、化粧品や文房具のオリジナルモデル製品の試作品、また玩具のフィギュアやアクセサリー類の試作品作成などに使われています。

カンタン早く、それぞれのニーズに合わせた試作品作成が可能に

現在の3Dプリンター試作サービスは、カンタンに早く、しかもそれぞれの用途に合わせた造形方式や素材を選ぶことができます。

  1. カンタンな「3Dデータ」作成(モデリング)
    photo_satellyt_cad2まず、施策サービスの作業工程として3Dデータの作成(3Dモデリング)を行うのですが、3Dデータがない場合は、図面やラフスケッチ、三次元データなどを利用して、コンピューター上で簡単に3Dデータを作成することができます。もちろん、3Dスキャン技術を活用すれば、すでにあるオリジナルモデルからすぐに3Dデータを作成することも可能です。
  2. 用途によって選べる「出力素材」・「造形方式」
    3Dプリンターは、選択する「造形方式」や使用する「3Dプリンター装置」などによって仕上がりの強度、また再現性などが大きく変化します。例えば、液体エポキシ樹脂に紫外線レーザーを照射させることで硬化・積層させる「光造形方式」は、解像度が高く、強度が弱いため、作りの細かいフィギュアの試作品作成などに適しています。一方、ナイロンの粉末を熱レーザーで焼き固めることでモデルを作成する「ナイロン造形」は、光造形に比べて解像度が低く、強度が強いため、例えばモデルパーツの確認など業務用の利用に人気など、用途によって造形方式を選べるのです。
  3. その他の個別ニーズにも対応
    また最近では、これまで3D素材としての利用が難しかった柔らかい素材のゴムライクなども利用できるところも多くなってきましたし、高い透明度を持った樹脂素材や、バリエーション豊富な色の選択も可能となっています。

まとめ

photo_satellyt_cad4あらゆる製品の作成に適している3Dプリンター技術。小ロットでのサンプル作成や商品イメージの具現化、また、ミスしてはいけない制作物のサンプル商品の作成として活用するなど、用途は様々。それぞれの用途によって適切な解像度や強度があるため、仕上がりイメージを想像しながら理想の試作品作成を実現しましょう。

2016年8月31日